マルコの気ままな日記

marukosolt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:奥穂高岳( 15 )

岳沢小屋から上高地へ

b0093515_727150.jpg


岳沢小屋到着♪

昔 来た時には岳沢ヒュッテっていう名前でした。

でも昔の山小屋は雪崩で流されてしまったってことで

今の小屋が出来たようです。

前来たときの写真見ても撮ってなかったのは残念です。

そして少し休憩した後に上高地に向かうことに

b0093515_732586.jpg
b0093515_7324760.jpg

b0093515_7333796.jpg
b0093515_734333.jpg


上は すっかり雲の中です

b0093515_7351576.jpg

b0093515_7354894.jpg


下に来ると草から木へと見える様相が変わってきます

b0093515_7381382.jpg


そしてこの辺からカメラのメモリーがいっぱいになってくる

消してもいい様な画像は消して撮ったりしてました~!

b0093515_7394673.jpg


後は携帯電話のカメラを利用しながら

なので画像が・・・(^^;)

b0093515_741583.jpg


途中風穴あったけどどこ?どこ?って感じで通り過ぎる

b0093515_7422752.jpg


そして笹の中の道を通り過ぎると出ました~!

上高地の中へ入ってきましたって感じです~。

b0093515_7435961.jpg


そして湿原の木道を歩く

b0093515_7453019.jpg


b0093515_746252.jpg


あの上から降りてきたんだねぇ

そして河童橋です~。

b0093515_7495015.jpg


なんとか16時30分のバスに乗れました~!

最終は17時なんで間に合ってよかったです(^^)

2泊3日の予定の山登り、1泊2日にで帰ってきましたが

充実しましたねぇ。

これで上高地~涸沢~奥穂高~上高地の山旅は終わりで~す♪

次はその1週間前に登った燕岳のお話しになります~!

山ばっかりだけど すみませ~ん(^o^;)/
by marukosolt | 2010-10-19 07:55 | 奥穂高岳 | Trackback | Comments(2)
紀美子平から岳沢小屋方面へ

重太郎新道です。

ここからは鎖とハシゴの連続となります。

紀美子平から下るとすぐ鎖場

b0093515_7355046.jpg


まずは自分が こう降りるんだよ~と下に行き

後から妻が降りてくる

すぐに次の鎖場なる

b0093515_7375561.jpg


それを降りて歩くと今度はハシゴ

b0093515_7385328.jpg


ガスが取れたりかぶったり青空見えたり

山のけしを楽しみながら降りる

b0093515_7402327.jpg


しばらく歩くと上高地がはっきり見えるようになってくる

b0093515_7413240.jpg


望遠で撮ると上高地の帝国ホテルの赤い屋根が緑の中に見える

b0093515_7432144.jpg


川の両側にある赤い屋根、その間は 河童橋になりますね

そして下に向かってどんどん歩く

b0093515_744599.jpg

b0093515_7453889.jpg


本物の雷鳥見てみたいものだ

b0093515_7471011.jpg
b0093515_7473143.jpg

b0093515_7482090.jpg


道は降りたり登ったり

b0093515_7495276.jpg

b0093515_7505488.jpg


この頃になると自分の頭の中は

アルプスの少女ハイジのオープニングテーマが(^^;)

しばらく消えなかったです(笑)

b0093515_7531413.jpg


下に岳沢小屋が見えてきました~!

そこに向かって下ります

b0093515_7552035.jpg
b0093515_756325.jpg
b0093515_756349.jpg


どんどん下る

だんだん妻のペースは早くなって行きました~!

自分はマイペース♪

b0093515_7581695.jpg
b0093515_758554.jpg
b0093515_7593067.jpg

b0093515_801025.jpg


そして水のない沢が

b0093515_81460.jpg

b0093515_815795.jpg


これを渡ると 岳沢小屋到着で~す!

b0093515_834079.jpg


しばらくここで休憩をすることに。

う~ん、やっぱ昔の面影ないなぁ。。。

ではまた続きま~す♪(^o^)/
by marukosolt | 2010-10-16 08:05 | 奥穂高岳 | Trackback | Comments(2)
b0093515_729728.jpg


奥穂高を後にして吊尾根、前穂高方面へ歩き出す。

b0093515_7312786.jpg


ここからは足元を気をつけて歩いて行かなければならない

鎖場ありの大きな石を降りたり

b0093515_7325310.jpg

b0093515_7363227.jpg

b0093515_80227.jpg

時たま見える青空がきれいです(^^)

でもすぐガスったりする

b0093515_738770.jpg

b0093515_7384272.jpg


下からの吹き上げの風が結構あったりして

ガスの動きが激しかったでした

そしてそれらを気をつけながら歩く

b0093515_740687.jpg
b0093515_7405126.jpg
b0093515_7412448.jpg

b0093515_7425367.jpg


そして時々休憩、

ガスが取れれば下には上高地がきれいに見えるのだが

とりあえず吊尾根を越さなければ下には向かえず

また足元注意しながら歩き始めます

b0093515_7451745.jpg
b0093515_7454994.jpg

b0093515_7465141.jpg

↑これ最低のコルって書いてあります。

吊尾根のルートで一番低いところなのかな!?

まあ ほとんど平坦と言えば平坦なのでそんなに高低差はないかも

そしてガスの中を歩く

b0093515_7495634.jpg


と思ったらすぐガスが取れたりする

b0093515_7504964.jpg


ガスが取れるとルートがはっきりわかります(^^)

b0093515_7515156.jpg
b0093515_752175.jpg


そして紀美子平へ到着

ここで分岐となります。

上を見ると

b0093515_7551759.jpg


前穂高のルートが

ここへはちょっとしか時間がかからず登れるが

このガスではねぇってことて

重太郎新道へ向かうのであった

続く~!(^o^)/
by marukosolt | 2010-10-15 07:57 | 奥穂高岳 | Trackback | Comments(0)

めざせ奥穂だ~!

穂高岳山荘にてココアを飲みながら休憩、

そのココアが飲んでいる最中

どんどんガスが取れてくる

風も少し弱くなってきた

ここで様子見してた他の登山者も動き出す。

そして自分達も奥穂高へめざして登ることに

ザックを背負って外に出る

穂高岳山荘の入り口で妻の記念写真を撮った後

まずは山荘の横にある山肌のハシゴを登って行く

b0093515_733412.jpg


涸沢側の方はまだガスで真っ白

その反対側はガスはない

b0093515_7352148.jpg


そして幾つかのハシゴを登った後 岩場を登る

b0093515_7362285.jpg

b0093515_73786.jpg


穂高岳山荘の向こうに見える涸沢岳がハッキリ見えました~♪

昔 単独で来たときは登ったんだが今回はパス!

b0093515_739327.jpg


う~ん、向こうは良い天気だ~!

こちらはまだ空は白いからうらやましい。

そして岩場に出来た道を歩いていく

b0093515_7421091.jpg


b0093515_7412441.jpg


これ転がりたくないですねぇ(^^;)

b0093515_743165.jpg


上に来ると風がやっぱありますね

妻は耳が冷たさに弱いんで帽子はしっかりかぶります

手袋も必要ですね

そして右手側に見えてきたのはジャンダルムです!

b0093515_7455137.jpg


切り立ってますね~!

そしてまた上に向けて歩き出す

b0093515_7472836.jpg

b0093515_7475369.jpg

b0093515_748331.jpg


そして奥穂高の頂上です!

b0093515_7501675.jpg


なんと青空で出迎えてくれました~!

無事登ってくることが出来ました、

b0093515_7513959.jpg


ちゃんと5円玉用意してきましたよ~!

賽銭箱に5円玉入れて

この先もよろしくと(^^)

b0093515_7544239.jpg


ほんと今までが周りが白かったため青空が新鮮です

槍ヶ岳は残念ながら雲の中

b0093515_7565180.jpg


あの山があれだ~、この山があれだ~と言いながら見る

そして後からくる登山者のために少し下る

b0093515_759426.jpg


その時ですなんと槍ヶ岳が雲の中から現れてきました~!

b0093515_7595654.jpg

b0093515_803220.jpg


そして少しザックを降ろして休憩です

b0093515_814554.jpg

b0093515_822211.jpg


ジャンダルムもハッキリ見えて最高です!

自分が昔登った時ジャンダルムの話ししたのと

NHKで田部井淳子さんとアナウンサーのウッチーが行ったのを見て

妻が見たかったジャンダルム、

見せてやれてよかったです~!

がっ!

妻がなんと

b0093515_864140.jpg


妻があそこに行きた~い!と言い放った!(-o-;)

だから自分は言ったさ、

ビルズで朝飯食べる前に落ちたくないわっ!(-o-;;)/

妻はあそこをどんなところかわかってないので

こっちがビビリます(^^;)

そして休憩した後下山のため前穂高方面へ向かうのであった

続く~!(^o^)/
by marukosolt | 2010-10-14 08:12 | 奥穂高岳 | Trackback | Comments(4)
昨日の続き、

穂高岳山荘に向けて歩きます。

b0093515_7231587.jpg


先に見える山になったところ

あそこを登って行きます。

b0093515_724372.jpg
b0093515_7245934.jpg


標高もかなり上がってきました、

b0093515_7261054.jpg

b0093515_7265246.jpg


カメラを斜めにしているわけではありません(^^;)

これだけ急斜面なんですねぇ。

b0093515_7284748.jpg


そして手足を使って登る

b0093515_7295347.jpg
b0093515_7301921.jpg

b0093515_73055100.jpg


下は雲の中ですねぇ

上の穂高岳山荘あたりもガスが出てきて怪しくなってくる

そして登る

b0093515_7323297.jpg

b0093515_733411.jpg


石に付いてるペンキを頼りに

b0093515_7341888.jpg


さあ、穂高岳山荘まで20分くらい

空はどんどん怪しげに(--;)

b0093515_7354525.jpg


そして はっきりと見えてきました穂高岳山荘

b0093515_7363597.jpg

b0093515_7372924.jpg


着きました~!

でも かなりの強風です!

ガスの流れは速い、体感温度かなり低いです

奥の山を登らないと奥穂高へは行けません

しかも見えている山荘の向こうはハシゴ、

それを登って行かなければならず

ちょっと危険すぎる。

とりあえず山荘の裏手というか横にあるトイレに行く

裏を見ると下界は晴れてました。

b0093515_7423873.jpg


でもやっぱり強風、しかも視界は真っ白

とりあえず山荘の中でココアを頼んで休憩

そしてこのまま下るか もうちょっと様子見してみるか悩むのである

b0093515_745940.jpg


登って来た人たちも立ち往生、

みんなそれぞれコーヒー飲んだりココア飲んだりして

動けない様子でした

う~ん、ここまで来て立ち往生とは~!

危険かぁ・・・悩むのであった

続く~!(-o-;)/
by marukosolt | 2010-10-13 07:48 | 奥穂高岳 | Trackback | Comments(2)
奥穂高の続きです~!

今の涸沢の様子は「涸沢小屋のブログ」にて

朝陽があたってきた山を歩き出す

b0093515_7355062.jpg
b0093515_7361884.jpg

b0093515_7372139.jpg


上へ上へ向けて

b0093515_7382341.jpg


上を見ると窪んだ所にある穂高岳山荘の上に月が

b0093515_739368.jpg


幻想的である

b0093515_7411170.jpg


上へ目指す

ガスの流れが速い

上は結構風が吹いてるなぁって感じでした

b0093515_7431984.jpg

b0093515_7434838.jpg


そして陽の当たる場所へ出てくる

b0093515_7454818.jpg


気持ち良く登っていきます

b0093515_7474363.jpg

b0093515_7482567.jpg


上の方は草紅葉始まってますね

b0093515_7495299.jpg


この雪渓は もうすぐまた雪の下に入るんだろうなぁ

b0093515_7513891.jpg
b0093515_752208.jpg


かなり高いところまで登ってきました~!

b0093515_7531287.jpg
b0093515_7535821.jpg

b0093515_7545667.jpg


そしてこの先は手袋の出番となります~!

手足使っての山登り

続きはまた明日~!(^o^;)/
by marukosolt | 2010-10-12 07:56 | 奥穂高岳 | Trackback | Comments(0)

涸沢での朝

朝 4時過ぎぐらいに目が覚めて外に出てみる。

雨は止んでいたが 山の方はガスが出てて

上の方は真っ白で何も見えない。

これではちょっと上に行っても無理かぁ

まだ登るかどうか迷い中だった

5時の朝食の時間になり食堂へ

b0093515_737572.jpg


早々にご飯を食べ

受付にて頼んでおいたお弁当を受け取る

b0093515_7382794.jpg


そして外に出るとガスが取れて山が見えていた

b0093515_7403238.jpg
b0093515_7411735.jpg

b0093515_7414555.jpg


そして何枚か写真を撮った後

b0093515_743346.jpg
b0093515_7435977.jpg
b0093515_7442668.jpg


穂高岳山荘までは登ってみるかとのことに、

部屋を戻りザックを取って靴を履いて外へ出る

そしたら なんと見れないと思ってた朝陽が~!

b0093515_74811100.jpg

b0093515_748491.jpg


雲と山の隙間から出た太陽のおかげで

帯状に陽があたる

そしてその幅がだんだん広がっていきました~!

b0093515_7503489.jpg

b0093515_7514282.jpg


妻に見せてやりたかった朝焼け、

完璧ではないがなんとか見せてやれました(^^;)

これは奥穂高行けるか~!?

とにかく穂高岳山荘に向けて出発するのであった

続く~!(^o^)/
by marukosolt | 2010-10-09 07:52 | 奥穂高岳 | Trackback | Comments(4)

涸沢での夜

涸沢ヒュッテで夜 食事時間となりました~!

b0093515_7341359.jpg


そういえばここで昔食べたなぁと思い出す。

お膳がきれいに並んでます、隙間ないですね

かなり宿泊者多いのでしょう

そして席に着き生ビールを頼んで

いただきま~す(^o^)

b0093515_7375546.jpg


涸沢ヒュッテのご飯は もう始めから器に入ってるため

一杯目のご飯より おかわりして2杯目のご飯の方が美味しいです(^^;)

ご飯を食べながら お隣の老夫婦とおしゃべり

歳は聞かなかったが どうみても70歳を超えてるという感じ

涸沢には4回目で北穂高岳も登ってるという凄い夫婦でした(^^)

食堂の中には紅葉の写真がいっぱい

b0093515_7433079.jpg


食事する人は一回転で終わり、

混んでる時は何回転するんだろうねぇ。

そして寝床の建物に戻る

この時すでにが降ってました。

そして持ってきたモンカフェを飲むことに

b0093515_7481695.jpg


b0093515_7485013.jpg


チタンカップは一個しかないんで

妻と一緒にコーヒーを

持ってきた 白鷺宝(はくろほう )といただきました~!

b0093515_751443.jpg


そして寝るにはまだ早いので(消灯は9時)

談話室でそのまま寛ぐ

外は雨、風も吹いている

雨だけならいいが風は問題である

翌日はどうしようか悩む

さっき見た天気予報も良くはない。

奥穂高登っても真っ白で何も見えないだろう。

安全策をとって このまま下山するかぁ。

ということでそろそろ消灯時間に

寝床に行く

すでに他の人寝てました(^^;)

8人のところへ8人、良かったのである

一番混むと・・・

ひとつの布団で3人、ここに24人も寝るのかと思うと 

あはは(-o-;)と(笑)

そして布団に入る

ここでこの時間に寝ると

また起きたら0時頃だろう

布団の中で目を開けて寝るのを我慢してました~!(笑)

そして明日は下山かぁと思いつつ

いつの間にか寝てしまいました。

続く~!(^o^)/
by marukosolt | 2010-10-08 08:03 | 奥穂高岳 | Trackback | Comments(0)

涸沢でのんびり♪

b0093515_7273061.jpg


涸沢ヒュッテに泊まると決めたので

のんびりモードに突入

b0093515_7295199.jpg


部屋は売店の後ろに見える建物(別館)。

はじめ8人寝るとこに6人くらいになると言っていたが

結局寝る時は8人になってました。

夜のお話ですが。(^^)

そうそう、受付を済ませてテラスへ戻る

写真を撮ったりしてました~。

b0093515_7344391.jpg


b0093515_735189.jpg


吹流しがが真横に、風が強かったですね。

b0093515_7361236.jpg


その後荷物片付けに行きながら

ストーブで温かい談話室で本見て(そういえば別館内部の写真撮ってなかった)

そして外へ出たら・・・

b0093515_7421465.jpg


山の天気は変わりやすいのである。

天気予報も良い状態ではなかったのでねぇ。

山の上にはガスが掛かってどんどん悪くなって行く感じ

穂高岳山荘まで行かなくてよかったかも(^^;)

そして涸沢にある もうひとつの山小屋、

涸沢小屋にソフトクリームを食べに出かけるのである。

妻が雑誌で涸沢小屋のソフトクリームがおいしいと書いてあるのを見つけたらしい。

涸沢ヒュッテからはテント場を通り

b0093515_7485844.jpg


まっすぐ歩けば着きます。

b0093515_7494792.jpg


すっかり雲が・・・

涸沢小屋付近から振り返ると涸沢ヒュッテ。

b0093515_7512578.jpg


b0093515_752121.jpg


涸沢小屋に到着~!

ソフトクリームを買って外で写真撮ろうと準備してたら

b0093515_7534284.jpg


先っぽのとんがりが へなっと(--;)

まっ、おいしかったからいっか~!?

b0093515_7552123.jpg


はだか電球がいい感じだなぁ。

そしてちょっとぶらぶらして

b0093515_7575161.jpg


b0093515_758245.jpg


そしてヒュッテに向かって帰るのであった。

続く~!(^o^)/
by marukosolt | 2010-10-07 08:03 | 奥穂高岳 | Trackback | Comments(2)

涸沢ヒュッテ 到着~♪

b0093515_7225941.jpg


涸沢ヒュッテに到着~!

もう何年前になるんだろ来たの。

その時は単独で来てここまで結構大変だなぁって思ったのだが、

今回は連続で山登って足が鍛えられたのと

ふたりで来たのとで そんなに疲れはなく来れてしまった。

b0093515_7271454.jpg


そのまま入り口から入らずまずは上へ

売店の後ろに見える奥穂と涸沢槍がきれいだ~♪

b0093515_729383.jpg


おお~!

このテラスだ~、だんだん記憶が蘇る

テラスの先には北穂高岳、

あそこにも行ってみたいものだ。

ここに着いたのは まだ13時前、

妻はまだ歩き足りないようだった。

この時間ではまだ奥穂高に登れる

2時間もあれば着くだろう

ただ自分が見せたかったのは

この一面に輝く朝焼けだった。

上に登ってしまえば朝焼けは見えないだろう。

どうしようかしばらく考えた。

そして結論は・・・

b0093515_736534.jpg


ここの売店っていうか涸沢ヒュッテで有名な物のひとつ

b0093515_738789.jpg


おでんである。

いっしょなのは熱燗、結構風が吹いてて寒いくらいだったので

生ビールはいらんなと(^^;)

もう飲んじまったら 動けないぜ俺~って感じで

涸沢ヒュッテに泊まることを決断するのであった

続く~!(^o^;)/
by marukosolt | 2010-10-06 07:45 | 奥穂高岳 | Trackback | Comments(0)

やんぶし~!からの富士山♪


by marukosolt